KOTORI 201

“KOTORI 201”は、世界初*のカスタムヘッドフォンブランド“KOTORI”から誕生した、オーバーヘッドタイプのヘッドフォンです。16種類のパーツを自由にカスタマイズ可能。老舗の音響機器専業メーカーから生まれた“KOTORI”の高音質ヘッドフォンを、あなただけのデザインで作ることができます。 *当社調べ 2009年11月現在

性能について

音、色彩、形、細部まで丁寧にデザインされた高解像度ヘッドフォン

長年に渡って積み重ねてきたドライバ・ユニット製造のノウハウを活用し「バイオダイナ振動板」を開発しました。
繊細で解像度の高いサウンドを実現する「バイオダイナ振動板」を 快適に長時間のモニタリングが可能な“肌触りのよいイヤーパッド”と
“光を透過する美しい色彩のハウジング”で包み込みました。 見た目の美しさと音の美しさに拘った高音質、高解像度ヘッドフォンです。

主な特徴
  • 振動板材質に、超極細なバイオセルロース繊維素材を利用した「バイオダイナ振動板」* (特許第3756259号)を採用し、極めてリアルな中高域の再生と高解像度、優れた過渡特性を実現しています。
  • 「ネオジウムマグネット」使用の高性能磁気回路により、「バイオダイナ振動板」の能力を余すところなく引き出し、一段と水準の高い再生音が得られます。
バイオセルロース繊維とは?

バイオセルロース繊維は、高度なバイオテクノロジーによって作られており、1本の太さが20~50nm(ナノメーター)で、天然の植物繊維(木綿など)の約1/1000という超極細繊維です。
この繊維は非常に純度の高いαセルロースで、有害な不純物成分が殆ど無く、最高レベルの結晶化度を示しています。
超極細なバイオセルロース繊維は、中高音域の再生に優れた能力を保有しており、これに各種の繊維を適切な配合で組合せると、各々の繊維の特徴を複合させた音質が得られ、一段水準の高い音創りが可能になります。
当社では長年に渡って積み重ねてきたノウハウを活用して、バイオセルロース繊維と他の繊維などを最適条件で配合して、高性能な振動版を量産する技術を確立しました。

バイオダイナ振動板とは?

従来の天然植物繊維を使用したドライバー・ユニットでは、物性上の剛性不足により中高音域の再生に課題を抱えていました。
バイオセルロース繊維を使用した「バイオダイナ振動板」は低比重・高ヤング率・高内部損失を実現しています。(通常の素材では、これら物性の両立は困難)従来のプラスチックフィルムを使用したドライバーユニットと比較し、以下のように高い曲げ性、優れた伝播特性を示しています。(いずれも当社比)

伝搬速度:2倍以上 曲げ剛性率:5倍以上

この優れた物性を振動板に採用したことで、美しい中高音域の再生と繊細で解像度の高いサウンドを実現しました。 また、直線性のよいフリーエッジの採用で、振幅の大きい低中音域も忠実に再現します。

振動板、ボイスコイル、プレート、マグネット、フレーム、スクリーン1、スクリーン2をモジュール化

KOTORI 201のイヤーパッド

ヘッドパッド、イヤーパッドには肌触りのよい高級合皮素材を使用し、側圧そして頭部へのあたりがソフトなため長時間のモニタリングにおいても快適にご使用いただけます。

KOTORI 201の収納ケース

ヘッドフォンを傷付けず収納するための、収納ケースを付属しました。

スペック

KOTORI 201

形式 密閉ダイナミック型
ドライバー Φ40mm、ネオジウムマグネット
再生周波数帯域 8 ~ 37,000Hz
インピーダンス 32Ω
感度 103dB/mW
最大入力 1,300mW
本体質量 約180g(コード含まず)
コード長 約1.5m
付属品 取扱説明書/収納ケース

※ヘッドフォンをご使用になる時は、耳を刺激しないよう長時間の使用を控え、適度な音量でご使用ください。

KOTORI 201
  • KOTORI 201
  • KOTORI 201
  • KOTORI 201
  • KOTORI 201
  • KOTORI 201
  • KOTORI 201
  • KOTORI 201

商品写真

KOTORI 201

KOTORI 201
  • KOTORI 201
  • KOTORI 201
  • KOTORI 201
  • KOTORI 201
  • KOTORI 201
  • KOTORI 201
  • KOTORI 201
  • KOTORI 201
  • KOTORI 201
  • KOTORI 201
  • KOTORI 201
  • KOTORI 201
  • KOTORI 201
  • KOTORI 201
  • KOTORI 201
  • KOTORI 201
  • KOTORI 201
  • KOTORI 201
  • KOTORI 201
  • KOTORI 201